【5泊6日4万円バンコクの穴場を満喫】チャオプラヤー川の夜景をテラス席で!

バンコク

【バンコクおしゃれCafe旅 chapter1】

今回のご紹介

  • Hostel URBY
  • WoodBrook Cafe
  • Restaurant 李泰長
  • aoon pottery cafe

Hostel URBY
MRT Wat Mangkon駅から
530mの所にあります。
ボクはMRT Hua Lamphong駅
から歩いたので
結構時間がかかりました。

駅を出た所に
オレンジ色の
ベストを着てバイクに
股がっている人は
バイクタクシーなので
それを使うと楽です。

15バーツか
20バーツくらい
だと思います。

このホステルは
CafeとBARが
隣接されており、
目の前の
チャオプラヤ川を
見渡せるテラス席で
まったりできます。

ホステル内には
リビングルームや
ロフト付きの
パーティールーム
などがあり、
一日中いても飽きない
かもしれません。

ヤワラート
(チャイナタウン)が
すぐ近くなので
屋台で食べたり
持ち帰ってテラスで
食べるのもおすすめです。

去年のクリスマス直前に
撮影したものなので
クリスマス気分
真っ盛りでした。

しかしながら
30℃を超えるクリスマスは
日本人からすると
とても奇妙な雰囲気です。

下記の動画は
YouTube用で
初めての撮影、取材で
発声が悪く、
声が聞こえ辛かったり
外の撮影時の騒音が
大きてごめんなさい><;

次回の撮影では
改善致します!

主にニッチな
ローカルな所や
生活感のある
場所が好きで
観光では行かないような
地元の人たちの
憩いの場を
タイ人の友達などに
連れて行ってもらったり
自分で探し回ってます。

ゆる〜い感じが好きなので

・DAISUKI!! (90年代のTV^^)
・水曜どうでしょう
・モヤモヤさまーず

のような雰囲気が
醸し出せれば
良いなあと
思っています。

今回泊まった宿が
みんなとても良すぎて
もっとホステル内で
旅人たちと
お話ししたかった。

今回選んだところは
日本人は1人も
見かけませんでした。

スクンビットや
トンロー辺りは
ここは日本か?
と言うほど日本人がいて

電車内で日本語が
飛び交っていたりします。

WoodBrook Cafe
Hostel URBYに
隣接しているCafe

川に面した
テラス席があり、
ホステル滞在の方も
利用可能。

大きなクッションが
たくさんあるので
座ってのんびり
できます。

また夜景が
とてもキレイなので
夕景時からデートにも
よろしいですよ!
BARも隣接しているので
お酒も飲めます。

※お食事メニューも
あります。

Restaurant 李泰長
タイハーブのチャーハン
40バーツ(140円)

たまたま見つけた食堂。
ベジタリアンメニューは
ありますか?
と尋ねた所ところ、
お店の人は英語が
分からなかったのですが、
お客さんが
通訳してくれて
美味しい焼飯を
頂けました:)

料理を作ってくれる
お母さんが
とても親切にしてくれ
相席のお客さんも
食べ方を教えてくれて
とても楽しい
ランチタイムを
過ごす事が
できました。

ボクはタイ語が
殆どしゃべれない
のですが、
どんどんローカルの
レストランに
入っちゃいます。

身振り手振りで
何とかなる。
こういうのが
良いんだよなあ。

食事は50バーツで十分。
地元の人と同じものを
食べ日常を
体験するのです。

今回は撮影だったので
できませんでしたが、
いつも海外に行く時は
同じ店に3日くらい
通うんです。

そうすると
顔を覚えてくれて
そこに住んでいる
かのよな
時間を得られます。

「住むように旅する」
これを実践しています。

aoon pottery cafe
https://aoon-pottery.business.site/

コーヒーカップや
茶器は
ここで制作した
ものです。

とっても素朴で
シンプルな
デザインが
リラックスを増強。

ほぼ常連で
タイ人率100%。
このカフェには
人懐っこい
猫さんがいるので
とても癒されますよ:)

このカフェも
そうですが
オシャレな感じの
カフェやレストランでは
大概英語が通じます。

ボクは去年まで
タイに1年滞在
していましたが、
友達はファラン
(西洋人)か、
タイ人しか
いませんでした。

そのお陰で
地元の人が集まる
美味しいお店や
郊外のステキなCafe
湖や自然溢れる
のんびりしたところへ
車で連れて行って
貰っていました。

次回は、
池に面したCafeや
新しくOPENした
コワーキングスペース
(まだオープン前でした^^)
などをご紹介
いたしますよ!

どうぞお楽しみに〜!
Thanks for watching
See ya na krup:)

【今回5泊6日の旅行費詳細】
飛行機往復チケット
26,000円

滞在費(ドミトリー)
1泊600円~1,500円中心(アゴダ利用)

食事
朝食=屋台で南国の果物1串10バーツ
昼+夜=100バーツ

コーヒー(朝コーヒスタンドで毎日1杯)
25バーツ(88円)
Mサイズで日本とは違って
LLサイズ

交通費
電車 300円位(1日)
バイクタクシー利用時 100円
(徒歩20分程度の距離)

今回の旅行費トータル
50,000円もいかなかった!
1日1,000円で飲み食いなど
充分過ごせ、
ドミトリーなら
1,000円ほどで泊まれるので
1万円で1週間過ごせる。

ビールはコンビニで買えば
150円(500ml缶)
くらいですので
夜遊びをしなければ
大した金額にはなりません。

タイの人は10分以上は
歩きません^^
バイクタクシーを
頻繁に利用します。

5分程度のところなら
15バーツ(50円位)
赤バスは3バーツ(10円)です。

ボクが住んでいた
コンドミニアムは
ジムとプールが付いて
24時間警備員がいて
1万バーツ(35,000円)
駅まで歩いて6分。
快適だった。

【経 歴】
デザイナー+ライター🍀 音楽家目指し🇺🇸LAで活動➡️デザイナー➡️独立➡️メンタル壊れ社会から離脱😭➡️🇲🇾マレーシアKL移住➡️🇹🇭バンコクの広告会社➡️いなフリ➡️台風🌀15号被災➡️療養🏥➡️YouTube開始! ⭐主に旅情報/ノマドライフ/留学/海外就職/英会話/食/ヴィーガン/観光でない、ニッチな旅情報をシェア致します!

質問やこんな情報が欲しいなどの
リクエスト大歓迎です!
See you soon na krup:)

地元の人の日常に溶け込む様な
観光では得られない「旅」を
シェア出来たらと思っております。

tegvlogg
note
◆Twitter